ファクトリンクTOPへ戻る > めっき・アルマイト > ミヤキ(タイランド)
ミヤキ(タイランド)
アルマイト、硬質アルマイト、カシマコート、黒染色アルマイト、シュウ酸アルマイトをご提供

加工事例​

全く新しい可能性を実現した「カシマコート」は、
あらゆる分野で活躍しています。

油圧機器の技術革新に伴って、バルブスプール類の軽量化が進められ、浸炭焼入鋼研磨仕上から、アルミ切削品アルマイト処理への移行が進行中です。当社の処理はバルブ類での採用が拡大しつつあり、『高品質なものづくり』を推進しています。

二輪車のサスペンションは、操縦安定性・耐久性と共に、軽く、美しいものを求めて技術革新を続けてきました。今、その主要部品には、カシマコート処理された高アルミチューブが最先端の材料として注目されています。カシマコートの潤滑性による低フリクション・サスペンションはその優れた操安性と耐久性と共に、カシマコートの高品質イメージの外観が愛されています。

エンジンは、その有害排出ガス削減研究の中で希薄燃焼にすすみ、ピストンは高温下での摺動を求められています。カシマコート処理はピストンのリング溝やピン穴部などの高温に於ける潤滑に大きな役割を果たすことが実証されて使用が増加してます。

エンジン部品と、とりわけムービングパーツは、高信頼性・耐久性の厳しい条件下で軽量化の努力を続けています。その中のひとつロッカーアームは、鉄からカシマコート処理されたアルミへと変更された際に、その自己潤滑性によって、ベアリングを不要とすることができ、大幅な軽量化とコストダウンに成功したブレークスルーの好例です。

ピストン

  ・リング溝部への凝着・たたかれ磨耗防止
  ・ピン孔部への耐磨耗・摺動性向上

 

プーリー

  ・歯形溝部とフランジ部への耐摩耗性向上

シリンダ

  ・摺動面へのかじり防止と耐磨耗性向上

 

ロッカーアーム

  ・鉄からアルミへの軽量化
  ・摺動面への耐磨耗性向上

 

バルブスプール、ソレノイド類

  ・フレッティング磨耗対策
  ・摺動性の向上

 

最近の更新 2016年03月10日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る