ファクトリンクTOPへ戻る > めっき・アルマイト > ミヤキ(タイランド)
ミヤキ(タイランド)
アルマイト、硬質アルマイト、カシマコート、黒染色アルマイト、シュウ酸アルマイトをご提供

アルマイト / 硬質アルマイト とは

アルミニウムは、柔らかく、傷つきやすく、変化しやすい

アルミニウムは酸素と結びつきやすく、空気中にさらすと非常に薄い酸化皮膜を作ります。
アルミニウムはこの自然に作られる皮膜で保護されているので一般的に錆びにくい、いわゆる耐食性が良いといわれています。しかし、この皮膜は非常に薄いので、環境によっては化学反応で腐食してしまいます。そのため表面を保護する表面処理が必要となります。 ※英語ではAnodic oxydation coating

アルマイト(陽極酸化処理)とは、アルミニウムを陽極(+極)で電解処理して人工的に
酸化皮膜(サビ)を生成させる表面処理のこと

電解槽という浴槽の中に硫酸もしくはシュウ酸を水で薄めたよう液(電解液)を入れ、処理するアルミ製品をプラスの電極に繋ぎ、電解液に浸けて電気を通します。

こうすると水の電気分解によって出来た酸素がどんどんアルミニウムの表面にくっつき、酸化アルミニウムの膜を作ります。

こうしてアルミに電流を流すと表面が溶けて浸透しつつ、酸化物が成長し、凸凹が交互に、同時に起こります。

それがニョキニョキと成長しセルと呼ばれる立体構造となります。

(1)

アルミニウムは活性な金属の為、空気中で自然に20nm程度の酸化皮膜が出来ています。

(2)

電解液中でAl が酸化され、酸化皮膜が成長する。

(3)

皮膜表面の凹部に、より高い電解が発生する為硫酸イオンがその部分に入り込み局部的に皮膜が硫酸アルミとなって溶出し、表面に無数の孔があきます。

(4)

孔の底では、酸化反応と皮膜の溶出反応とが同時に進行し、孔が規則正しくのびた構造になります。

(5)

皮膜の厚さは、電解に試用された電解料=電流X時間に比例しますが、孔と孔との距離は電解電圧に比例します。

(6)

多孔度と電解電圧の関係は以下の通りです。

電解電圧 1c㎡当たりの孔数
15V 77X 
20V 52X 
30V 28X 

アルマイト(陽極酸化処理)の基本構造は鉛筆の束?!

アルマイトの基本構造は六角形の鉛筆を束ねたものがアルミ地からニョキニョキと生えていると思ってもらえば分かりやすいかもしれません。要するに束ねた状態の鉛筆の、芯の部分が赤ければ赤いアルマイトになります。

また硬質アルマイトは六角形が普通アルマイトに比べて大きいので、その分、孔も少なく色素が入りにくいのです。なお、黒は軟質アルマイト、硬質アルマイトの両方の可能性があり、カシマコートに似た茶色に染色している場合もあるので注意が必要です。

アルマイト皮膜は染料の色さえ変えれば、どんな色にもなりますが、他に自然発色と言って特別なアルミニウム合金の地肌そのものの色を変える方法もあります。これは合金中の添加元素の種類や量と電解液の種類、温度、電流密度などをいろいろに組み合わせて作るもので、発色した皮膜は色あせしません。


【陽極酸化処理の工程】

 

最近の更新 2016年03月10日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る