ファクトリンクTOPへ戻る > めっき・アルマイト > ミヤキ(タイランド)
ミヤキ(タイランド)
アルマイト、硬質アルマイト、カシマコート、黒染色アルマイト、シュウ酸アルマイトをご提供

アルミニウムとは

アルミニウムはリサイクル性に優れ、軽量化によるエネルギー軽減に役立ったり、無害であったりと、これからの地球に必要なエコロジーな優しい素材です。また、熱伝導性は鉄よりも約3倍の為、熱くなった製品を急速に冷やすことができ、さらに通電性も良い為、エレクトロニクス分野でも幅広く使われています。

詳細はこちら(株式会社ミヤキHP)⇒  『アルミニウムとは』

アルミニウムの特性​

ジュースの缶から航空機の部品までさまざまな所に使われているアルミですが、そのアルミにはいろいろな種類があり、特徴や用途に応じて使い分けられています。

アルミニウム合金のうち純度99.0%以上のものを純アルミニウムと呼び、また種々の元素を添加して合金としたものをアルミ合金と呼んでいます。
いずれも純アルミニウムにない特性が付加され、さまざまな分野で活用されています。材料へのニーズが多様化し、いっそう高度になる今日では、アルミニウムもまた従来よく知られている特性にとどまらず、新たな機能を付加して、先端分野へ着実に展開しています。

■ 軽い

■ 強い

■ 耐食性がよい(錆びにくい)

■ 加工性がよい

■ 電気をよく通す

■ 磁気を帯びない

■ 熱をよく伝える

■ 低温に強い

■ 光や熱を反射する

■ 毒性がない

■ 美しい

■ 鍛造しやすい

■ 接合しやすい

■ 真空特性がよい

■ 再生しやすい

アルミニウム合金の種類と特徴・用途​

JIS規格 合金の種類 種類と用途
1000 純アルミニウム 強度は低いが加工性、耐食性、溶接性、電気・熱の伝導性に優れ、
反射板、装飾品、容器、電気器具などに用いられる。
2000 Al-Cu系
アルミと銅
強度や切削性がよく、航空機、輸送機器、機械部品、構造材に適するが、
厳しい腐蝕環境下での使用には不向き。
3000 Al-Mn系
アルミとマンガン
耐食性はそのままで、強度が増強され、加工性は少し劣るが、
純アルミと
大差ない。器物、建材、容器など広い用途がある。
4000 Al-Si系
アルミとケイ素
鍛造ピストンや建材用パネル、溶接用心線に用いられるが、
融点が低いためろう材としても用いられる。
5000 Al-Mg系
アルミとマグネシウム
低マグネシウム材は研磨によって高い光輝性を持ち、装飾材などに。
高マグネ材は缶蓋や構造材として使用される。
海水や汚染に強く、船舶材にも使われる。
6000 Al-Mg-Si系
アルミ
マグネシウム
ケイ素
6061は銅を微量添加したもので各種構造材に使用、耐食性も良い。
また、6063は強度は落ちるが押出性が良く、建材関係に多く用いられる。
7000 Al-Zn-Mg系
アルミ
亜鉛
マグネシウム
7075は超々ジェラルミンと呼ばれ、アルミニウム合金の中で最高の強度で、
航空機やスポーツ用具に使われる。
  鋳物用合金 砂型、金型、ダイカスト用があり、次の2つに大別される。
Al-Si系  鋳込む時の流動性が良い。(ADC12など)
Al-Mg系 耐食性が良い。(AC7A、Bなど)

アルミニウム合金は、最終製品のいろいろな要求や用途に必要な性質によって、2種に大別します。


◎ 展伸材用合金


板、箔、管、棒、線、リベット材及び形材に使われる展伸加工性に優れた合金で鍛造品もこれに含まれます。

◎ 鋳物用合金


砂型、シェル型、金型、ダイカストなどの各種の鋳物に使われる鋳造性に優れた合金です。


■ 非熱処理合金


圧延など主に冷間加工と添加元素の効果によって強度を高めることができる合金です。

■ 熱処理合金


溶体化(焼入れ)や時効(焼もどし:添加元素による微細な金属間化合物の析出によって材料の強さ、硬さなどが加熱とその時間の経過で向上する)などの熱処理で、より高い強度が得られる合金をいいます。ただし、熱処理合金も熱処理のあとで、強度を高めるために冷間加工を加えることがあり、非熱処理合金でも加工ひずみを除去する焼鈍や安定化処理と呼ぶような広義の熱処理を行ったりします。

アルマイトとは、このようなアルミニウムに施す処理です。

最近の更新 2016年03月10日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る