ファクトリンクTOPへ戻る > めっき・アルマイト > ミヤキ(タイランド)
ミヤキ(タイランド)
アルマイト、硬質アルマイト、カシマコート、黒染色アルマイト、シュウ酸アルマイトをご提供

アルマイト&カシマコート性質表

材質 膜厚[μm] 硬度[HV] 皮膜特性 備考
推奨 限界 硬度 成膜性 カシマ
コート
A1050 30 50 350-450 アルミ以外の添加物が少ない為、素材時の耐食性がよく、良質な皮膜が得られる
A1100 30 50 350-450
A2011 5 10 200-250 × × × u5.0-6.0と多いため、陽極酸化処理には不適切
A2014 20 40 250-350 素材強度は高いがCuの影響により耐食性が著しく悪い。成膜後シミやムラになりやすい
A2017 20 40 250-350
A2024 20 40 250-350
A4032 20 50 350-450 Si11.0-13.5でグレ-に発色するため、染色不向き
A5052 30 50 350-450 アルミ素材で中程度の強度、耐食性がよく、良質な皮膜が得られる。
A5056 20 30 350-450 アルミ色に近い発色が得られる。膜厚が厚くなるとクラックが増加する傾向がある。皮膜剥れが発生する可能性がある。
A5083 20 50 350-450 強度・耐食性がよく、溶接構造に適した材料。
A6061 30 50 350-450 素材メ-カ-、熱処理の違いにより陽極酸化処理後、偏析による模様が出る場合がある。
A6063 20 50 350-450 押し出し加工に優れており、成膜後クラックは多いが良質な皮膜が得られる。
A7075 20 30 250-400 素材強度が極めて高く、Cu・Znの影響で著しく耐食性が悪く腐食が出やすい。20μm以上の厚膜は皮膜剥れが発生する可能性がある
AC2A・B 20 30 250-350 素材表面が粗く、陽極酸化処理後外観に巣が目立つ。
AC4C 20 40 300-400 鋳物の中では成膜性・表面粗さは良い。
AC7A・B 20 50 300-400 アルミ色に近い皮膜が得られる。鋳物の中では比較的良い皮膜ができる。
AC8A 20 40 350-450 強度・耐摩耗性に優れ、エンジンピストンに適した材料
ADC6 20 40 300-400 ダイカストの中では良い皮膜ができる
ADC12 10 20 250-350 添加元素の影響で厚膜は処理しにくい。表面に付着物(シリコン・離型材)が残り色むらが多い。カシマコ-トと相性良好。

カシマコート処理はアルミニウム合金に硬質アルマイト処理を施し、その多孔質皮膜に二次電解により二硫化モリブデンを析出した複合アルマイトです。潤滑性・耐摩耗性に優れたアルミニウム表面処理です。

カシマコ-ト処理発注時には下記の内容を明確にご指示・ご相談ください。
 a)材質 b)膜厚 c)硬度 d)面粗さ e)電極位置 f)マスキング有無 g)注意点  

支給部品に加工の切削油、バフ磨き粉が残っていると外観品質上の問題が発生するのでご注意ください。

素材の加工法によりアルマイト皮膜がつきにくい場合があります。
【例 ワイヤ-カット、放電加工等】

カシマコ-ト処理は膜厚管理となります。膜厚公差は狙い値の±20%となります。膜厚【10±2μm】鋳物・ダイカストについては膜厚公差は異なるので別途打ち合わせとなります。寸法変化量については別途ご相談ください。

カシマコ-ト処理の色調は使用材質、膜厚、処理条件にて大きく変わります。 色調の管理が必要な場合は現品にて色調限度見本を作製し管理を行いますので、別途ご相談ください。

カシマコ-ト処理は仕上げ研磨等の後工程を加えて製品精度を向上することが可能です。

カシマコ-トWはカシマコ-ト処理した表面にテフロン微粒子を化学吸着させ、より高性能の潤滑性・耐摩耗性を発揮する超潤滑アルマイトです。

表中記号説明 【皮膜特性 ◎:良好 ○:普通 △:やや劣る ×:劣る】
本内容は当社生産ライン実績に基づいた参考デ-タです。

 

最近の更新 2015年01月16日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る