ファクトリンクTOPへ戻る > 特殊加工 > TAISEI KOGYO (THAILAND) CO.,LTD.
TAISEI KOGYO (THAILAND) CO.,LTD.
金属粉末射出成形(MIM)部品の製造・販売

金属粉末射出成形(Metal injection moulding, MIM)

高密度、高精度、複雑形状の μ-MIM® 製品を試作から量産まで承ります

この遊星ヘリカルギア(指先に乗せたギア)が入っている内歯ヘリカルギアは内径が10mm以下で、工具歯の問題で切削加工では現在のところ加工不可能なサイズです。内径が10mm以上の場合においても、蓋付きの内歯部品の場合(画像右四角内)、切削加工では工具が歯底まで到達しないため、形状完成度と精度が低下します。
また、 切削加工の場合、月当たりの生産量は3~5万個が限界であるといわれています
我々が提供する金属射出成形技術( μ -MIM ®)は、このような微細ギアだけでなく、高精度な微細部品の量産を得意としております

開発段階で製造方法に悩んでいる、加工コストを下げたい、現行のMIMに満足していない方はご相談ください⇒詳細ページはこちら

SUBCON THAILAND 2019 出展情報

日時:2019年5月8日-11日  ブース番号:AH43
場所: BITEC CONVENTION HALL, BANGNA, THAILAND

Taisei Kogyo (Thailand)は、
SUBCON THAILAND 2019に出展しました。
ご来場頂き、誠にありがとうございました。

► ​出展風景はこちら

 ステンレス材のMIMへの工法転換について


優れた耐食性と機能性により幅広い分野で用いられるステンレス材の需要は拡大を続けて います。ステンレス鋼は、オーステナイト系、フェ ライト系、マルテンサイト系、析出硬化系と呼ばれる4種に大別され、その種類は100種以上 あると言われています。かつてステンレス鋼の代名詞と言われた18-8ステンレス鋼(304)の需要は減少傾向にあります。現在は各製品の要求に合う種類のステンレス鋼が選択され使用されていることの現れです。今回のニュースレターでは弊社で取り扱いのある代表的な鋼種について紹介します。

続きを読む

 金属射出成型(MIM)技術ニュースレターVol.13 

金属粉末とバインダが決める面粗度


MIM (Metal injection molding)は小型で複雑な最終形状を有する金属部品を量産するのに適した製造方法です が、小型で複雑な部品は後加工を施すことが困難で、MIMの焼結工程で得られる面粗度が製品の面粗度となる場 合が多いです。今回はμ-MIM技術が実現する面粗度について紹介します。

続きを読む


MIMの導入一例


 
医療 
内視鏡・検査装置・インプラント
精密機器 カメラ・携帯電話・時計部品
工作機械 ギア部品・工具部品
産業機械 ガスタービン・軸受
自動車部品 フィルタ・アクチュエーター
電気機器 OA機器部品・熱電素子


詳細はこちら
► 『技術紹介』ページ

► 『軟磁性部品の MIMによる量産化』ページ

► 『ステンレス材のMIMへの工法転換について』ページ


生産工程



多品種少量生産から少品種大量生産まで、ご要望に応じて最適のラインを構成。
厳しい品質チェックを経た、安心いただける製品だけを納期に合わせたオンタイムな出荷でお届けします。


詳細はこちら
►『生産工程』ページ

最近の更新 2019年08月09日
業種別
特殊加工
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る