ファクトリンクTOPへ戻る > F.A関連 > SANKYO WORKS (THAILAND) CO., LTD.
SANKYO WORKS (THAILAND) CO., LTD.
夢をカタチにする三共のカム技術 -DREAMS CAM TRUE-

 ハイパワー直進駆動装置

ライナーユニットは、ローラギヤカム機構を応用した高速・ハイパワーな直進駆動位置決め機構です。 重量のある材料やロボットなどの搬送を可能にし、生産性向上を実現する次世代の直動搬送装置として期待を集めています。

CSシリーズ

ロングストローク対応 高速・ハイパワーの新技術直動ユニット

独自の回転機構を応用した高速・ハイパワーな直進駆動ユニットです。高剛性ローラによる転がり伝達駆動により、ロボットのような重量物の高速搬送にも使用できます。他の機器で対応が困難なロングストローク仕様でもレールを連結するだけで容易に実現できます。また駆動レールとサーボモータを同軸上に配置しているため、省スペース化が図れ荷重バランスにも優れています。 パレットの昇降および180°旋回を全てカム機構、しかも一つの駆動源により行うことによりスムースな動作が可能で、省エネルギー化が図れます。

CSシリーズ機種 (4機種)
| CS16 | CS22 | CS30 | CS40 |

►詳細はこちら

【特長】

►ロングストローク対応 連結は無限!

►省スペース

駆動モータが走行軸上に配される事で、他機構のようにデッドスペースが発生しません。装置全体をコンパクトにする事ができます。

►位置整定性

停止時の残留振動は極小のため位置整定時間が短く、装置全体のタクトアップが図れます。

 [<試験条件>
 移動距離:1.8m
 移動時間:1.5sec
 負荷重量:150kg
 停止時間:2.5sec

【他機構との比較】

ライナーユニットを他機構と比較すると、総合的に優れた特性を持っていることが分かります。
特に位置整定性においてはリニアモータには劣りますが、積載荷重が大きい場合でも抜群の性能を発揮します。

     

 

【使用例】

   
高速ポジショナ
整定時間が早く、精密な位置決めが可能になります。動作中の速度変動も極小で、高精度な同期にも対応。
  検査装置
​高速位置決めにより高速での各種検査が可能となります。
  旋回・揺動アーム
​バックラッシが無いため偏荷重が作用した場合でも安定した位置決めを高速で行うことが可能です。

 

最近の更新 2017年08月22日
業種別
F.A関連
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る