ファクトリンクTOPへ戻る > 鉄鋼、非鉄金属 > 大同 DMS(タイランド)
大同 DMS(タイランド)
工具鋼プレート・熱処理・表面処理のご用命は豊富な実績を持つ当社へ

コーティング処理(PVD処理)

 

処理温度500℃付近での処理により、製品精度の高い金型向けに、耐摩耗・かじり性の優れた被膜を成膜出来ます。

マルチアーク方式 (Multi Arc Sysetem)

製品事例

 

 ► 各被膜特性

● 膜種特性

● 適用

TiN 耐摩耗性、離型性、耐焼付性
TiCN 高耐摩耗性、低摩擦係数
CrN 耐食性、耐熱性、離型性
TiAIN 高硬度、耐熱性(耐高温酸化性)

基本被膜厚さ:2~4μm

● TiNコーティング層断面組織

 ► ハイテンセラック (改良TiN)

 

昨今の高張力鋼板の強度が増している中、金型への負荷及び精度要求が大きくなりPVD処理により高寿命化へのニーズが高まる中、寿命向上の為、被膜欠陥を極力抑える事で、金型寿命UPをはかります。
また、下地窒化(ラジカル窒化)と複合処理する事で更なる寿命延長にも期待がもてます。

従来のTiN
(矢印:被膜欠陥 ‐ ピンホール・ドロプレット)

ハイテンセラック

 

被膜欠陥(ピンホール)により被加工材の凝着及び膜剥離のきっかけとなる。

1.被加工材の凝着

2.凝着量の増加

3.微少なかじり(被膜剥離)

 

異物の噛み込み

 

 ► 有効処理範囲

・PVD処理:  φ720×800 - MAX500㎏

・窒化処理:  φ600×600 - MAX300㎏

金型の形状や大きさ等で、処理が必要な部分へ出来ない場合もございます。
    事前に営業担当に対象品についてご確認下さい。
    (基本的に全面は出来ません)

 

 

最近の更新 2021年04月01日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る