ファクトリンクTOPへ戻る > めっき・アルマイト > S.U.N. GLOBAL CO.,LTD.
S.U.N. GLOBAL CO.,LTD.
無電解ニッケルメッキ加工、鋼材の切削加工、レーザー溶接加工、ゴム成形及びアッセンブリ

お便り通信


ミャンマー人労働者

人口 約6242万人
面積 67万平方km(日本の国土の1.8倍)
首都 ネーピードー(06年に行政機関のみをヤンゴンから移しました)
言語 ミャンマー語
主要工業 農業、畜産水産業、林業
進出日系企業 351社

現在弊社のあるサムットサコーン県には約300万人のミャンマー人が暮らしていると言われる。海に近いことから昔から海産物の加工で栄え、その加工労働者として多くのミャンマー人が定着した。最近は機械加工工場も増え精密加工業に従事するミャンマー人も多い。弊社従業員は1年の就業ビザを与えられ、毎年更新を繰り返している。平均3~4年で一度帰省し、約1か月程度家族と過ごしまた新しい就業ビザを取得して工場に戻ってくる。そういう意味でもミャンマー人の定着率はすこぶる高く、在職10年前後のものも多い。専門性を要する製造業においてはまじめで、定着性のある人材を有用活用できる。

出身地の多くが首都のネピドー周辺で、帰省の移動だけで片道2.5日を要する。工場からタイのメイホンソーンまでバスで6時間、そこから国境を越え首都のネピドーまでバスで約30時間かかる。(費用の点から飛行機を使って帰省するものはいない)その為、毎年帰省するものは全くいない。

弊社ミャンマー人従業員の約80%は結婚しており、そのほとんどが共働きで従業員用宿舎(夫婦部屋)に暮らしている。
ミャンマー人の結婚は早く、弊社従業員の場合は多くが16歳前後で結婚したそうである。
現在ミャンマー人従業員の年齢構成は男:19歳~40歳、女:18歳~45歳。
子供のいる家庭は故郷に子供を残し、故郷の両親が子供の面倒を見ている。そのため、帰省した時が唯一の家族対面の時となる。但し最近はSNS等でいつでも無料通話やビデオ通話ができるのでいつでも近くにいるように感じているそうだ。

唯一の休みである日曜日は、あえて街に出かけることもなく寮で自炊したり、音楽を聞いたり、フェイスブックを見たりしてリラックスしている。ともかく真面目に一生懸命働いて給料の多くを毎月送金して家族を養う事が来タイの主目的であると言っている。 

ミャンマー人スタッフ自己紹介

 

  Mr.Lin Lin Oo (29歳)

 

 リンリンオーと申します。(注:ミャンマー人の名前には苗字がありません) 21歳の時入社し初めてタイに来ました。今年で8年目です。
 初めは品証部に属し3年前に倉庫管理部に異動し現在部下7人を抱えるリーダーとして出荷、倉庫全般をみています。
 品証部に働く妻(タイ人)とは休日に会社の近くのショッピングモールやデパートに一緒に出かけ、ウインドーショッピングしたりするのが楽しみです。
 工場の仕事は楽しく、タイの暮らしも快適なので今は大変満足しています。でもいつかは子供も欲しいので、またミャンマーにいる両親、兄弟(8人兄弟!)へ仕送りしなければならないので、今まで以上に頑張って働かないといけないと思っています。
   私はタイ語、英語ができるので、この語学力も今後の仕事に生かしていけたらと考えています。顧客の殆どが日本企業で多くの日本人、タイ人が工場に来ますので、その時自分で直接話が出来たらもっと仕事が楽しくなるのではといつも思っています。
 毎年4月のソンクラーン休暇には会社から有給休暇:20日を貰い妻と一緒にミャンマーに帰省しますが、お土産をたくさん持って帰るのが本当に大変です。今一番大切”にしているものは”家族、両親”です。

 

社内行事

年末のパーティー

セパタクローの社内大会

 

最近の更新 2019年04月03日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る