ユーザー名 パスワード
クイック検索
キーワード

業種別検索

日タイの縫製加工メーカーが提携=自動車シート向け

 タイの自動車向け革製シート加工のチャイワタナ・タネリー・グループ(CWT)はこのほど、日本の自動車シート向けの縫製加工を手掛ける東洋物産(横浜市南区)と業務提携したと発表した。CWTは、東洋物産から縫製、裁断の技術援助や設備の提供を受け、自動車用シート生地の縫製加工をスタートする。当面は業務提携の形を取るが、両社幹部はともに「近い将来に合弁会社を設立する予定だ」としている。

 バンコクで記者会見したウィラポンCWT社長は、政府が推進するエコカー政策などで小型車が増え、布製シート需要が広がると指摘し、事業領域を広げる必要があるとの考えを示した。CWTは当面、月間約1万台分の生地を生産し、タイ国内の自動車シートメーカーへの供給を予定している。提携に伴う初年度収入目標は年1億バーツ。

 ウィラポン社長によると、現在、タイ自動車用シートは布製の比率が約7割を占め、3割が革製。CWTは、将来は東南アジアへの輸出を目指すとし、ミャンマーやカンボジアへの投資も検討していると話している。


日付 : 2012年01月27日

By : 時事速報

登録