ファクトリンクTOPへ戻る > 表面処理剤・めっき薬品 > タイ サンメイ
タイ サンメイ
タイ国内から中国、香港、ベトナム、フィリピンまで日本と同水準の表面処理技術を現調化

水洗のお悩み、ファインバブルで改善!
​ファインバブル発生器


(旋回剪断方式)

特長

   ● 可動部がありません
   ● 既存設備(配管)に取り付け可能
   ⇒小型でコンパクトに設置出来ます
   ⇒既存設備が活かせます
   ● 水圧を持った水源があればOK
   ● 異物混入に強い
   ● 長期メンテナンス性に優れる

※高知高専のファインバブル研究成果が活用された製品です

 ファインバブルは水だけでも油を落とします! 

< 着色防錆油の洗浄 >

  ​​

 

 

 ファインバブルは細かな隙間も洗浄できます! 

< スポット溶接品のダレ改善 >

 

 

ファインバブルとその性質

  ファインバブル:直径100μm未満の微細な気泡
    (FB)

  1-100μm:マイクロバブル
  1μm以下:ウルトラファインバブル

(JIS B 8741-1) 

気泡表面に帯電作用がある


FBはマイナスに帯電しており、互いに反発するため合泡しません。 プラスに帯電する有機物等を吸着し、洗浄効果等が得られます。

水面への上昇速度が遅い


通常の気泡は水面に上昇して、はじけて消えますが、FBは気泡体積が非常に小さいため上昇速度が遅く、長い間水中に滞在します。

自己加圧効果がある


気泡の直径が小さくなると、表面張力により次第に収縮していきます。このため、水中に気体が効率よく溶解します。

 

ファインバブルの洗浄効果

 脱脂効果を持つ微細な泡が小さな隙間に入り、より精密な洗浄が可能に! 

【応用例】
・洗浄力の向上 ・複雑な部品の精密洗浄 ・隙間の洗浄
・めっき染みの防止 ・ブラスト後の洗浄 ・鍛造物の液残り

 

バクテリアの増殖抑制

       ■サンプル: DI 水 30 L + ENP液 0.3 L (無電解ニッケルめっきの第一水洗槽をモデルとして)

       ■ 静置条件: 室温

ファインバブル発生器

 ファインバブル発生器の稼働により、バクテリアの増殖が抑制された 

【応用例】
・貴金属めっき回収漕での藻の発生防止 ・貴金属めっき回収液の腐敗防止

 

お客様からいただくよくある質問を集めました。

Q.

 どの型式を選んだらいい?

A.

浴槽のサイズでお選びください。

100-150 L → 15 A (ポンプ容量:0.15 kW)
200-400 L → 25 A (ポンプ容量:0.25 kW)

これ以上は、複数個の設置となります。

Q.

 めっき染みを取るのに効果的な使い方は?

A.

めっき後の水洗、めっき前の水洗の両方または、いずれかに導入で改善が期待されます。

Q.

 めっきの品質に悪い影響はない?

A.

これまで悪影響を与えた例はございません。

Q.

 どうやって設置するの?

A.

循環ポンプと配管に接続するだけです!
バブル吐出口をワークに向けて設置することで、噴流 による洗浄効果も得られます。

Q.

 メンテナンスは難しい?

A.

メンテナンスが必要な部分は、基本的には吸気フィルターのみです。フィルター部分は水洗いできますので、水かぬるま湯で洗浄して、エアーブローで掃除できます。

Q.

 どうしてバクテリアが繁殖できないの?

A.

ファインバブル発生器の内部流速が15-17 m/sと、強い剪断力がかかっています。発生器を通る際に、藻やバクテリアの細胞がこの剪断力により破断させられると考えられています。
バクテリアは倍々に増殖するため、24時間の稼働が推奨されます。

Q.

 ファインバブル発生器の使用条件は?

A.

ABS樹脂製ですので、使用温度、薬品耐性もABS樹脂に準じます。基本的には60℃以下の水洗槽でご使用ください。強酸・強アルカリ液中では使用できません。
このような環境でのご使用を希望される場合、テフロン樹脂やSUS316での作製も可能です。

Q.

 超音波による洗浄と比較すると?

A.

超音波は、照射面は強く洗浄されますが、届かない面の洗浄は苦手です。
一方、ファインバブルの物理力は超音波程強くありませんが、槽に充満するため、一様に洗浄効果が得られます。

Q.

 超音波と併用できますか?

A.

ファインバブルを発生させた後、超音波を照射することで、非常に強いキャビテーションが生じ、より強い精密洗浄効果が得られます。

めっき以外への応用

 


農作物の洗浄



活魚の生存率向上/活魚槽の清浄化


 


曝気・活性汚泥法の効率化


 


超音波併用による有機物分解の促進


​​

最近の更新 2021年10月04日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る