ファクトリンクTOPへ戻る > 鉄鋼、非鉄金属 > 株式会社 天彦産業 (タイランド)

5分でわかる!広報活動

2020年 医療従事者に感謝の気持ちを込めて

我が社には彦友会という互助会的なものがあります。社長以下全員が加入しており、会費は毎月天引きされます。
当然収入比ですが、結婚祝い、誕生祝い等の冠婚葬祭と社員旅行の小遣いに使います。

新型コロナウィルスで医療従事者が命がけで我々を守ってくれています。なのに装備の不足が問われています。

「我々に協力出来ることは無いのか?」 との声が上がり、東日本の震災でも行いましたが、
「協力金として寄付したい!」 と彦友会の女性会長のMさんが社員に呼びかけ、全員の同意を得ました。
彦友会から50万円+天彦産業から50万円の 計100万円を贈ることにしました。

送り先は協議の結果、本気で取り組んでいる大阪府の吉村知事が訴えている
【大阪府新型コロナウィルス助け合い基金】

http://www.pref.osaka.lg.jp/kenisomu/coronakikin/index.html#2

少しでも役に立てばと心より願っています。

2019年 70歳(古希)の誕生日は過去最高!

7月25日は大阪では天神祭

いつも私の誕生日を祝ってくれていると勝手に思ってました^0^
還暦からあっという間に古希

午後から出社すると
​「一階で専務が話があると言っておられます」
・・・また何か問題が発生したんか!
・・・でも何故こちらに来ないのか?
複雑な気持ちで1階に下りると

何と全員が集合している
「社長古希の誕生日おめでとうございます!」
と女性社員から色紙が手渡されました。
何が起きてるのか・・・?

実は嬉しくてうるっときてました。
部屋に戻って、全ての社員のコメントを読みました。
中に
「おもしろ社長でいて下さいね」
「友夫社長と出会えて本当に良かった」
健康を願ってくれるコメントが多かったです。

2018年 タイ現地法人(TIT) 設立10周年記念式典

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立ていただき、厚く御礼申し上げます。

弊社タイ現地法人TENHIKO INDUSTRIAL (THAILAND) CO., LTD. 皆様の温かいご支援、ご協力があり10周年の節目を
迎える事が出来ました。

これからも社員一同全力を尽くします。

引き続きご愛顧の程宜しくお願いします。

2018年 第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞

本番3月16日法政大学で第8回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の表彰式がありました。

経済産業大臣賞、厚生労働大臣賞、中小企業庁長官、中小企業基盤整備機構理事長賞、審査委員会特別賞他15社が表彰されました。

基調講演や受賞企業の講演は得るものが一杯でした

懇親会では加藤厚生大臣が挨拶を述べてくれました

 

 

 

 

2017年 『輝く女性賞』を頂きました​

関西経済連合会から関西財界セミナー賞『輝く女性賞』の表彰を受けました

複数の財界関係者の推薦があったそうで、全く知りませんでした

表彰式は京都の国際会館の大ホール

650名の財界関係者の中での表彰式で緊張の中

伊藤課長は立派な挨拶をしてくれました

周囲の人たちから認められるのは価値あることです

本当にありがとうございました

 

 

2016年 「日本でいちばん大切にしたい会社5」に取り上げられました

まず、社員とその家族を大切にする。

そして人々が喜んでくれるような、世の中の役に立てる会社を経営していく。
「きれいごと」、と言う人もいます。

しかしその「きれいごと」を一途に追い求め、そのために果敢に改革して経営の質を高め、変化に敏捷に対応していく会社こそが、本当にすばらしい、感動のある会社になっていくのです。

引用元:アマゾン

天彦産業は、「女性が大活躍する鋼材商社は“お互いさま”の精神で社員と家族に支えられる」をテーマに取材を受けました。

 

 

 

 

 


 

2014年 樋口克彦会長 旭日雙光章受賞祝賀会

平成26年9月2日(火)12時から大阪市北区中之島のリーガロイヤルホテル山楽の間で開催されました。

樋口会長の社会貢献について竹内前会長は他業種との積極的な交流・大学での講演・全特協では副会長として会長を支え、内外交流委員長として海外視察研修リーダーを長きにわたって務めた功績を述べた。

三喜社長は旭日雙光章を英語では、太陽が昇るような金と銀の光線を発する勲章だと伝えた。

全特協副会長の福原實晴氏は樋口会長から2つを学んだという。一つは理想を貫く信念の強さ、もう一つはものすごく数字に強い点だと紹介された。

 

 

2014年 安倍首相が視察に来られました

本番平成26年4月18日、第96代内閣総理大臣 安倍晋三氏が、中小企業での女性活用の現場を視察したいとの強い希望で実現いたしました。

弊社社長の樋口が工場内をご案内させていただき、場内にて女性社員5名との懇談が行われました。
冒頭に社長より今回の視察に我社を選んで頂いた謝意を述べた後、弊社の経営方針の説明があり懇談会がスタートいたしました。

ある社員からは、子育てと仕事との両立の難しさは有るが、同僚女性社員や会社の理解が有ったので此処までやってこれたとの感謝の言葉がありました。又、ある社員からは就職活動中に我社に出会い、家庭的な雰囲気と、結婚しても仕事を続けていける環境が入社の決め手との話がありました。

鉄鋼業と女性、一見して活躍するイメージが湧かなかったり、結婚までの腰掛との先入観がありますが、中小企業においてはその制度を充実させること以上に、ともに手を取り合って助け合う精神を企業風土に構築することで、女性が活躍する余地がふんだんにあるとの印象を総理もお持ち頂けたと思います。

 

最近の更新 2020年10月15日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る