ファクトリンクTOPへ戻る > 鍛造・FB加工 > サンスターエンジニアリング(タイランド)
サンスターエンジニアリング(タイランド)
モーターサイクル・自動車業界向けファインブランキング製品

ファインブランキングと一般プレスの違い


一般プレス工法

パンチとダイの組み合わせでワークを打ち抜きます。パンチが降下し、ワークに接触して加圧されるとワークは曲げを受けて変形し、せん断から破断を生じ、パンチがワークを通り抜けないうちに抜打ちが完了します。そのため、


・ダレ・バリが大きい
・破断面が多く、せん断面が少ない
・切断面が垂直でない
・打ち抜いたワークの平面が平らでない
・打ち抜いたワークが湾曲しているなどの欠点があり、多くの場合、プレス後の二次加工が必要になるため、コストが掛かります。

ファインブランキング工法

V型エッジ状のVリングを持つ板押さえと逆押さえでワークをしっかり挟み込み、ワーク内部に高い圧縮応力を生じさせ、材料の延性を高め、極端にクリアランスの小さいパンチとダイで打ち抜きます。そのため、

・ワークの割れを防ぎ
・切断面は破断面が小さく、せん断面が大きい美しい仕上がりになり
・限りなく垂直に近い切断面になります。

また、加工硬化の発生により、特にスプロケットの様な機構部品の耐久性を改善出来ます。

また、ワークを高精度で打ち抜くことで部品を一気に仕上げることが出来るため、一般プレス加工による部品に必要な切削加工などが不要になり、コストダウンが可能になります。

 

ファインブランキングと慣用剪断法での剪断面の比較

慣用剪断

20%ほどの剪断面と残りは破断面となる。破断面は傾斜がある。

ファインブランキング

ほぼ100%の剪断面が得られ、直角度も良好、打ち抜きダレも少ない。

 

ファインブランキングで出来る加工法


面取り

座グリ

ボス

曲げ

潰し

 

 

ファインブランキング部品の用途


ファインブランキング部品の最大用途は自動車部品

エンジン シートベルト シート ブレーキ トランスミッション ドアロック ターボチャージャー エアコン ワイパー

ファインブランキングは、精度・原価・環境配慮など厳しい条件が課せられた製品の加工に最適です。

現在、ファインブランキング部品の世界の年間生産量は約10億個で、量産部品の約85%は自動車部品と言われている程、世界中で多くの自動車に採用されています。

さらに、産業機械、農業機械、建設機械、医療機器部品などの精密部品、そして航空宇宙産業へとその用途は広がっています。

ページトップへ

 

最近の更新 2017年03月31日
業種別
鍛造・FB加工
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る