ファクトリンクTOPへ戻る > 電子・電気部品 > サンアローシティ

​​


Designing
設計技術

Tooling
金型技術

Molding
成形技術

Mechatronics
メカトロニクス

Fine Cosmetics
加飾技術

Vapor Deposition
蒸着

Composite Material
複合材料

 

 

設計  Designing

◆情熱こそすべて!◆

携帯電話のキーシートは時代のニーズと技術革新によって、より薄く、美しく、機能性に富んだ物に進化してきました。サンアローの設計者は、それらの要素と組立の容易性・安定性・歩留りを検証しながら最適な設計を常に考えています。
一貫生産システムを支えるもの、それは最新鋭の設備と培ってきたノウハウ、そしてエンジニアの情熱です。

 

ゴム樹脂製品設計のためのCAE技術提供 - Compute Aided Engineering -


低コスト、環境負荷低減を目指したプロセスの構築にサンアローは取り組んでいます

■ CAEを設計製品に用いる利点 

従来のゴム・樹脂部品設計手法は、試作と評価を繰返すことで仕様を満たす方法が大半でした。そのため、納期、コスト、品質の点で問題が発生する事例が数多く見受けられました。サンアロー株式会社は量産をご検討頂いているお客様を対象に、コンピュータによる構造解析手法を提供し、これら問題の解決を行います。費用は構造解析を量産工程の1つとして扱かっているため僅かです。


 

■ ご提供内容 


​●ゴムの構造解析に必要な材料定数を提供致します。
  エネルギー密度関数として

Mooney-Rivlin(3次) 、Ogden

の材料定数提供を行います。 お客様支給ゴムの材料定数測定も可能です。

●ゴムの変形、応力計算に必要な非線形構造解析手法の提供を
  致します。主にMSC.Marc、ABAQUSの技術提供が可能です。

●構造解析と品質工学を用いた試作の削減、 シックスシグマ手法に
  よる改善提案が可能です。

●構造解析で用いた材料での量産が可能です。

▲ PAGE TOP

金型  Tooling

◆未知の領域 200,000回転の世界◆

現在、金型加工に使用されるマシニングセンターは 20,000rpm 以上から高速マシンと呼ばれています。 サンアローでは超微細加工を追及するため、自社開発の『スーパースピンドル』を高速マシンに搭載する事により、その領域を10倍にまで引き上げる事に成功しました。200,000rpm で加工された超微細な素材は、今まで金型による大量生産が不可能とされていた未知なる領域を身近な物にするだけでなく、当社の成形技術との組合せにより低価格化を実現しました。 近未来スタンダード 『200,000 回転の世界』 これがサンアローの金型技術です。

▲ PAGE TOP

(ゴム・樹脂)成形  Molding

◆進化し続ける力!◆

工業用ゴム製品の加工からスタートした当社の成形技術はおよそ50年の歳月を経て、樹脂成形から2色成形、ゴムと樹脂を複合したインサート成形、そして超薄形に加工出来るUV樹脂成形とラインナップを広げてきました。材料毎に異なる特性や成形条件、加工環境や使用用途を知り尽くし、更なる改良を日々推進する力。 サンアローの成形技術は今日も進化し続けています。

 

 

ラバー(ゴム)成形 - Soft & Wet matter Engineering -


ソフト&ウェットな材料に関連したサービスをサンアローが一括してご提案致します

■指定の荷重曲線、クリック率に合わせた設計が出来ます。 

■カーボン接点、金接点、任意の接点が可能。

■カーボン接点はカーボンインサート、又はカーボン印刷も可能な為、接点形状のバリエーションが豊富。

■ラバーベース形状部分にSUSや樹脂をインサートすることで剛性UP可能。


■ 製品例(ラバースイッチ) 

--------------------------------------------------------------------

カーボン接点

--------------------------------------------------------------------

─ カーボン印刷例 ─

─ カーボン接点インサート成形例 ─

--------------------------------------------------------------------

金接点

--------------------------------------------------------------------

─ 金接点インサート成形例 ─

 

ソフト&ウェットマター エンジニアリング - Soft & Wet matter Engineering -


ソフト&ウェットな材料に関連したサービスをサンアローが一括してご提案致します

製造

非線形光学現象を応用した3Dゲルプリンター(SWIM-ER)により、3次元CADデータより自由な形状の出力が可能です。

■ アプリケーション 

■産業製品・機器
  吸収剤、緩衝剤、防振剤、表面コーティング剤、超低摩擦軸受け
    形状記憶複合材料

■医療品・機器
    人工血管、人工心肺、コンタクトレンズ、バイオチップ

■医療・再生医療
    オーダーメイド脳内血管、オーダーメイド軟組織、オーダーメイド臓器
    Soft & Wet 手術検証・訓練用模型、3D・透明・高強度な細胞培養足場

■ヘルスケア
    QOLの向上

■CO削減・エコ
    超低摩擦軸受・超低摩擦内壁・生分解性ソフト材料


設計

これまで培ってきた設計技術を応用し、ハイドロゲルをはじめとした製品の設計を行っています。


分析

走査型顕微光散乱システム(SMILS)により、測定が難しかったゲルなどの内部構造を非破壊で解析いたします。

■ アプリケーション 

■ゲルの構造解析
    ゲルの不均一な網目構造、高強度ゲルの破壊機構、形状記憶ゲルの構造
    複合ゲルの構造

■食品
    歯ごたえ(ナタデココ・こんにゃくゼリー)

■医療・生物
    生体ゲル組織の構造、コラーゲン・ヒアルロン酸の解析
    多糖・たんぱく質の大きさ測定、血流の流速と内容物の同時測定

■化粧品・芳香剤
    化粧水の滑らかさ測定、揮発性芳香剤の内部構造

■界面活性剤
■高分子溶液

▲ PAGE TOP

メカトロニクス  Mechatronics

◆メカトロ技術が生み出す最高品質・ハイスピードな製造ライン◆

品質のサンアローを支えているもの、それは製造現場を知り尽くしたメカトロ技術から生まれています。当社で使用する治工具は全て新潟メカトロセンターで設計・製作し、現場のエンジニアと常時コンタクトをとりながら進化しています。

▲ PAGE TOP

加飾  Fine Cosmetics

不連続金属膜が生み出す
加飾性と電気的特性

メッキ
- Plating -

塗装
- Spraying -

スパッタリング
- Sputtering -

印刷
- Printing -

ホットスタンプ
- Hot Stamp -

レーザー加工
- Laser Etching -

親撥液性を利用した
銀ナノ粒子インク配線技術

 

不連続金属膜が生み出す加飾性と電気的特性

当社はドライメッキ工法の1つであるスパッタリングを用いたキーパット加飾技術を開発しました。従来のウエットメッキと異なり、六価クロームなどを使用しない為、地球環境やユーザーに優しい加飾工法として利用されています。
また、意図的に金属膜をポーラスした「不連続PVD技術」を保有しています。これにより付加価値の高いデザイン性を保ちながら良好な電波特性を確保する事が可能となり、モバイル製品への機能性付与にも大きく貢献しています。

メッキ - Plating -

当社では中国廈門工場で樹脂成形、樹脂2色成形~メッキ処理、組立まで内製しています。
耐食性・耐傷性・耐摩耗性に優れており、刻印等の形状再現性はドライメッキに比べ優れています。
環境問題や品質向上への対応にも特に力を入れており、ヨーロッパ等で問題となっている金属アレルギー対策にも積極的に取組んでいます。
その成果はニッケルフリーの量産化に成功するなど、世界中のユーザーから高い評価を得ています。

塗装 - Spraying -


サンアローではお客様の多種多様なご要望にお応えする為、様々な塗装設備を保有しています。

樹脂の表面に塗料を吹き付ける加飾技術。当社では、塗装は透明樹脂成型品に行い、光が透過・遮光する仕様を作り分けます。塗装の種類は一般的な塗装だけでなく、高級感を演出する高輝度メタリック塗装、パール塗装など難易度が高い塗装も行っています。また塗装面へは最終工程でハードコート処理を行い塗装面が磨耗しないように耐磨耗性を持たせています。

クリーンルーム 自動塗装ライン スーパースピンドル スピンドル式塗装機 高速ロボット

スパッタリング - Sputtering -

■ 抵抗加熱式の真空蒸着設備、 内製のスパッタリング設備を保有しています。

■ 薄膜でメッキ同等の意匠を再現可能です。

■ 不連続蒸着仕様により、電波透過仕様や ハーフミラー仕様なども対応可能です。

印刷 - Printing -

スクリーン印刷、PAD印刷対応可能です。
樹脂成型品、シリコーン部品、ガラスパネル、フィルム基材など 多彩な基材に対する実績があります。 携帯電話の量産にて培われた高度な印刷技術による量産対応が可能です。

※導電印刷も取り扱っております。

 

スクリーン印刷

 

パット印刷

ホットスタンプ - Hot Stamp -

樹脂成型品の裏面に金属箔を熱で転写して金属感を付与する加飾技術。
​透明プラスチック製のキーボタンの裏からホットスタンプをする事で金属光沢の優れた高級感ある装飾が得られます。金属箔を転写する前後工程で印刷と組み合わせることでカラー鏡面、光透過性・光遮光性を持たせることが出来ます。

レーザー加工 - Laser Etching -

■ 主に裏面照光のテクスチャーやフィルム抜きなどに利用しています。

■ YAGレーザー、CO2レーザーを保有しています。

■ グリーンレーザーにより白生地へのマーキングも可能です。

※レーザーライトキーは、業界において当社が先駆けて製品化させた技術です。

親撥液性を利用した銀ナノ粒子インク配線技術 - Printable Electronics -


低コスト、環境負荷低減を目指したプロセスの構築にサンアローは取り組んでいます

■ 印刷法を使うと出来ること 

●真空プロセスに比べて簡便な工程 低コスト化、環境負荷低減
●高い材料利用効率
●大面積化が容易

 


 

■ 印刷技術 

高生産、高性能化のために、塗布型電極の配線技術開発が必要となっている スループットの高い
配線技術開発

 


 

■ 塗布法を用いた電極配線手法 

表面処理した基材表面の親撥液性の違いを利用して、簡便なスピンコート法で微細で平坦な銀ナノ粒子インク電極を作製する
三次元形状への配線、微細化・集積化が可能

■ 塗布法による配線プロセス 

従来法と比較した塗布法のメリット

■真空プロセスが必要ない
■無版で作成可能
■低環境負荷
■低プロセス温度
 


■ Agナノ粒子インク 

アプリケーション

■モバイル機器筐体への配線印刷
 -アンテナへの応用
 -3次元形状への配線印刷

■モバイル機器ガラス面への
  配線印刷
 -透明電極への応用
 -各種センサー配線印刷

■フレキシブル素材への配線
 -樹脂フィルムを用いたRFIDタグ
 -フレキシブルディスプレイの
   バックプレーンへ応用

▲ PAGE TOP

​蒸着  Vapor Deposition

剥がれない蒸着


メタル調に加飾した部品を樹脂でオーバーコートし、加飾層を永続的に保護した構造体を作製する技術です。

※ベース樹脂、コート樹脂層の材料には別途ご相談下さい。
※軟質素材でも対応可能となります。
※形状に関しては、別途ご相談下さい。


■ 活用案 

■民生家電系 :筐体パーツ (スマートフォンで採用実績あり)
  ■車載系 :エンブレムパーツ、インパネ部品
  ■スポーツ品 :ロゴパーツ、ラケットフレーム
  ■アパレル系 :衣服、ワッペン、鞄 (洗濯でも劣化無し)
  ■生活水回り品 :蛇口、トイレ、フロ等のインテリア部品 (耐水・耐液性に強い)
  ■民生時計部品 :金属調のバンド

軟質蒸着

■折り曲げにも追従し蒸着層に割れが発生しません。 ■イヤフォンコードなどに高級感を持たせることが可能です。

■カラーバリエーションの対応も出来ます。

▲ PAGE TOP

​複合材料  Composite Material

Carbon+ テクノロジー

■ Carbon Filber/Siicone複合材料 


 

 

発熱時の温度分布状態

電子レンジ焼成用シリコーントレイ

■家庭用電子レンジ、3分でパン・菓子が焼けます。 ■オーブンいらずで、電子レンジで焦げ目が付きます。

■シリコーン素材がベースなので扱いやすい。

《調理例1》

 


日本人担当:  [佐藤] k.sato@sunarrow.co.jp

 


▲ PAGE TOP

最近の更新 2020年02月20日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る