ファクトリンクTOPへ戻る > 物流・クーリエ > タイ日本通運株式会社
タイ日本通運株式会社
国際航空貨物、海運貨物、トラック輸送、重機建設・据付、引越及びこれらに関連する業務

海上貨物輸送



船社を自由に選択していただけます。また、様々な船スケジュールをご提供可能です。
 

輸出入貨物の流れ

ラカバン混載ターミナルは自社運営。
発送地からの引取(梱包作業)、保管、コンテナ詰等、貨物のハンドリングは全て弊社管理の下で実施しております。


■ タイからの仕向地 ■

日本主要5大都市[東京/横浜(東京経由)/名古屋/大阪/神戸(大阪経由)]を始め、香港、上海、ロサンゼルス、ロッテルダムなどの
世界の主要港に自社直行混載をご提供しております。
またこうした主要港から中国、米国、欧州の内陸地へのトラック網もご用意しております。
この他に香港、シンガポールでの詰替混載もご用意。仕向け地は世界50港以上に及びます。
 

 

■ 入(出)港
■ 船積・船卸作業
■ CY(コンテナヤード)へ移動
 

 

■ バンニング・デバンニング作業
 

 

■ 検品⇒通関
 

 

■ 仕分け作業・保管
 

 

■ 出(入)庫
■ お客様工場
 

タイにおける輸入通関標準日数(FCLの場合)

FCL(コンテナ船)の場合、標準的には本船入港3日後のご配達となります。




※入港時間・出港時間等のスケジュールは、海上の状況や諸事情により予告なく変更されることがございます。予めご了承ください。



(←クリックで拡大表示されます)
 
最近の更新 2016年03月11日
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る