ファクトリンクTOPへ戻る > F.A関連 > ナノ精密株式会社
ナノ精密株式会社
世界レベルの選別機・外観検査ならナノ精密!シャフト製造販売、ファスナー部品もおまかせください!

不良品ゼロ  (ゼロディフェクト)を追求し
品質保証力の向上と、タイ工場の自動化推進に貢献

 

─ 工場の自動化を検討中の企業様へ ─

初めはお金をかけずに人件費削減を進めたい

選別作業の自動化により人為的な不良品リスクを無くしたい

自動化・省力化を進めたいが予算がネックになっている

生産工程から出荷までのどこを自動化できるのかわからない

自動寸法選別機 ►

外観選別機 ►

協働ロボット ►

渦流試験機 ►

各種自動機 ►

パーツフィーダー ►
​​ワークストッカー ►

ホッパー ►
梱包機 ►

傷防止対策 ►

選別請負代行サービス ►

─ 品質管理にお悩みの企業様へ ─

顧客への納品前に不良を確実に止めたい

ゼロ不良を目指している

NG部品の流出を防ぎたい

品質傾向をデータ分析したい

調達した半製品・完成品の受入検査を徹底してサプライヤに改善依頼をしたい

品質問題発生前に予防したい

NG追跡・原因特定・対策をしたい

設備の工程能力を把握したい

突発的な不良が流出!すぐ対応したい

品質管理システム
​LINE QC SPECIALIST ►

 

─ コスト削減へ向けて調達先をお探しの企業様へ ─

ほとんどの製品は、台湾の信頼出来るメーカーから調達しています。
台湾地域での調達活動において、AGS社 (NANO Taiwan)がナノ精密の目となり耳となって
すべての製品の荷受け・検査・梱包・発送まで徹底した管理を行っており、
自信を持って全世界に部品供給をさせて頂いております。

JIS平板・ファスナー販売 ►

材料販売 ►

精密金属部品加工 ►

 

スラリー回収・オイルセパレーター ►

 

 


 ニュース&イベント


 TRIGO × NANO SEIMITSU  高速自動選別請負サービス開始

6月よりNANO SEIMITSU社 と世界最大の検査会社であるTRIGO QUALITY SERVICES社が一緒に
自動選別ハウスを TRIGO社のRAYONG事業所内に新規設置し、事業を開始致します。
ボルト、ナットから各種金属部品、ゴム製品など単品部品の高速自動選別請負サービスを開始 して参ります。

*バンプリーの自動選別ハウスでも選別サービスを継続しておりますので
 6月からはラヨーンとサムットプラカーン2拠点で展開させて頂くことになります。
貴社のご都合の良いエリアにてご相談頂けます。

★ お問い合わせ先 

TRIGO QUALITY SERVICES (Thailand) Co., Ltd.

JAPANESE 山崎様 061-820-4530
ENGLISH Thanawat Phutwai  089-834-8188
THAI Siriwan Rungarunchotchuang 081-410-6936

 


   毎週更新!  品質保証のパートナー

 ► バックナンバーはこちら 


ロングネジ選別機(インデックスタイプ) (2022年8月15日)

今週は、ロングネジ選別機(インデックスタイプ)の紹介です。

弊社の画像選別機は主に2種類、グラステーブルタイプとインデックスタイプが
あります。自立可能で3センチ四方に収まる製品はグラステーブルタイプ、
首下L寸の長い製品は首吊り式のインデックスタイプを採用します。

続きを読む >


スラリー回収・オイルセパレーター (2022年8月8日)

今週は、オイルセパレーター(HT-SA-IV)の紹介です。

加工油を回収して遠心効果で油とスラリーを高速分離するクリーニング装置です。

続きを読む >


便利な画像判別センサー (2022年8月1日)

今週は便利な画像判別センサーの紹介です。

キーエンス製の画像判別センサIVシリーズですが、
形、色、サイズ、文字、部品の有る無し異常を1台で判別してくれます。

続きを読む >


パーツフィーダーの新旧入替工事 (2022年7月25日)

今週はパーツフィーダーに関する配信です。

先日、お客様のパーツフィーダーの入れ替え作業を実施しました。
ブレーキホースの検査装置に接続するパーツフィーダーなので、
​ワークの向きを整え一定方向に安定して供給する必要があります。

続きを読む >


2面巾加工のVA提案 (2022年7月19日)

現在弊社ではパワーウィンドモータシャフトのDカット加工の改善を進めています。

平面研削加工によるDカット加工から、
カッター加工機(Hカット)へ切替えることによるVA提案です。
熱処理済みのSUS420FでHV600以上の高硬度対象物を研削ではなく、
カッターで加工していくところに当該工程の難しさがあります。

続きを読む >


最近の更新 2022年08月16日
業種別
F.A関連
Powered by Fact-link.com
ファクトリンクTOPへ戻る